コッシーのお気楽サイクリング!!

ゆる〜〜〜くサイクリングを楽しんでます

熱中症になりました

土曜日、灼熱の中を自走で時坂峠に行ったんですが、まんまと熱中症になってしまいました。

重症度はII度です。

 

この日は朝から何か変でした。

4時半出発したんですが走り出してすぐに「あれ?今日は全然踏めないな」って思いました。

ただ、そういう事は今までにもあったのであまり深く考えてませんでした。

これが判断ミスの始まりです。

ブログの最後に動画を掲載してますが、走り出し早々から全くスピード出てません。

平地で15km/hとかです。

しきりに「体調自体は悪くない」と何度も言ってますが、体調が悪くない訳ないですよね。

 

途中、ぼーっと運転してたのか、ふらついて路肩にタイヤをヒットしてよろけてしまい、落車は免れたものの太ももをハンドルかどこかに強打してしまい、乗り降りや発進時にペダルを逆回転で上に持ってくる時に痛みが。

これもね、冷静に考えればぼーっと走ってた事自体がやっぱおかしいわけで。

 

久しぶりに休憩もしました。普段は最初の100kmくらいは信号待ちが休憩みたいなもんで、たまにコンビニで買い物するとそれが結果的に休憩になってたりはありましたが、土曜日は「休みたい。無理」と思って10分くらい休みました。

 

どうにかこうにか檜原豆腐ちとせ屋さんまで辿り着いたんですが、ここからの登りがまぁキツかったです。

動画を見てくださってる方はご存知と思いますが、基本上りは人の倍くらいハァハァ言ってます。

が、この日は動画を見返してみると普段とは比べ物にならないくらい、ゼェハァ言ってます。

取り敢えず峠の茶屋までは行けたんですが、帰りは自走で家まで帰れる自信が全くありませんでした。なんか頭痛もするし、打ったところ以外も手足がなんか痛い。インフルエンザの時の関節痛のような痛みです。

でも武蔵五日市から輪行するのはさすがに乗り換え(武蔵五日市>拝島>立川>西国分寺>南越谷)が面倒過ぎてパスしてしまいました。これが今回の最大の判断ミスだったように思います。

もし武蔵五日市から輪行していれば酷い状態にはならなかったかもしれません。

乗り換えの楽さを優先するあまり、武蔵野線の新小平までどうにか走ったんですが、駅に着いてもすぐにパッキングする余力がなく、しばらく休んでました。

 

冷房で冷え冷えになった電車の中で席に座ってゆっくり休んでいても、呼吸がずっと浅いままでずっとハァハァ言ってました。

帰宅後はすぐに水のシャワーを浴びて体を冷まし、味噌汁とアクエリアスで水分&塩分補給したんですが、補給の甲斐なく手足が攣り始めました。

頭痛も治らない。関節痛(筋肉痛?)も治らない。体温は計らなかったんですが、おそらくは発熱があったんだと思います。

 

取り敢えず食欲はあったのでしっかりと食べてその日は早寝。

沢山食べて沢山寝れば明日には治ってるだろう!!

 

 

甘かったです。。。

翌日、体が痛いので熱を計ってみたら38度ありました💦

熱は日曜日中に下がったんですが、昨日今日と階段を3〜4段上っただけとか、少し小走りしただけとか、それだけで動機がします。

 

あと、土曜日から今日まで一貫してずっとOS-1が甘いです。ポカリスエットと同じ味がします。

つまり3日経って未だ良くなってません。

正直、こんなに長引くとは思ってませんでした。

いつになったら治るんでしょうね。明日になったらケロっと治ってたら良いんですが。。。

 

皆さんも熱中症にはくれぐれも気をつけてください。

思ってるよりダメージが大きいです。自転車どころじゃなくなるかもしれません。

この記事と動画を反面教師としてもらって予防に役立ててもらえたら嬉しいです。

youtu.be